ブログトップ

私の名前はマッコイ!

matsukoi.exblog.jp

カテゴリ:園芸( 7 )

緑の青臭い

体は順応に苦労してるけど、心が萌えて一番ドキドキする季節になる。

東日本で震災があり、福島では原発問題が解決していない。

ラベンダーやクランベリーが花を咲かす。

人が育ち、老いていくペースを植物はぐるぐる取り巻き消えて新しくなりゆく。

今までは敢えて悲鳴を上げていたのに、
今回のことがあり嬉々として叫びながら、
真偽不明の情報を垂れ流して逃げてゆくこともでき、

個人の些細だけどとても大きな悲しみや苦しみを、
どこに開放したら良いのかわからなくなる。

震災関連のこと、特に原発問題で分かったことは、
自分がいかに曖昧なところで生きていたかということ、
これからはぐっと体の芯に考えを持ち生きていかなかればならないこと。
情報をきちんと取捨選択し、その選択に責任を持つこと。
などなど。あははん。

最後に、人は赤ん坊の時から教えられてないのに歌が好きだ。面白いね。
[PR]
by matsukois | 2011-06-22 18:59 | 園芸

映画の匂い

映画に対してはもうどうでもいいやって域に達する位観なくなっていたんだけど、ここ最近また観るようになる。

赤ちゃんは未発達な五感のうち、まずは母親を、匂いで認識するそう。
そういや匂いは思いがけず思い出を固定化する。
母親の匂い、好きだった人の匂い、初めて行った男の子の部屋の匂い、
雨が降った後の地面の匂いなど。
そもそも思い出は頭の中にしかなく、嘘っぱちに近いもんだ。
ぱしっと風景・形が残る写真よりも、匂いで引き出された残像のが自己処理された思い出に近く生生しい。

今年観た映画のうち、二つについて書き残したいので書いてみる。

※現実ではありえないのに現実を感じる「時をかける少女」はどうしてか。
時をかけるのは少女であるからかな。自分自身のあったのかよくわからない少女時代は、私自身に問題があったからか?現実にあったことよか、何を考えてたかっていう頭の中の出来事の方を今になっても思い出す。楽しいことをしている時もつまんなかったり、悲しいときがあった。
この映画を観てから、いいのか悪いのか、後悔していることを良く夢に観るようになった。
少し前にもはや必要ないと判断したことが、またフラッシュバックする。
あー必要のない出来事はやっぱりなかったんだな。だらだらが大好きなのに後悔を喉から手が出ちゃうほど欲していたんだなと気づく、ぼんやりした朝を迎えることが度々。

※フランソワ・オゾンの「まぼろし」を観た。忘れられない。いろんな映画を観てみて、記憶に残るのと残らないのがある。映画として売ろうとしているものには必ず商品価値があるので、残る残らないは自分の頭が整理していると思う。忘れられない。この映画は映画そのものでないとできない変な感じ。「時をかける少女」だってそういや現実でないな。「時をかける少女」で過去を思い出すラベンダーの匂いがあるように、「まぼろし」は自分の心の中に留まるための過去の海の匂いでいっぱいだ。
 
頭の中は他の人にはわからないことがうれしいし苦しい。わからないからひどいことやエッチなことをたんまり考えることができるし、他の人にわからないから独りぼっちだと実感する。

映画は頭で考えた作り物だから、作り手の本当にとても近いのかな。

庭にあるラベンダーの葉っぱ匂ってこよ。
[PR]
by matsukois | 2010-11-16 14:48 | 園芸

懐かしい

私がずっと好きな食べ物はラーメンとトマト。
実家に野菜を売りにきているおばさんのトマトを久々に食べる。
普段スーパーで何となく買ってしまってるトマトだけど、
驚いたことにトマトの味がわかった。凄く懐かしい味だった!
地域が、トマトの味になってる。
ラーメンはチャルメラの袋めんが大好きで、少しぐだぐだに煮込むのが好きだ。

そんなこんなで小沢健二のライブに行ってきました。
私が生まれて初めてお小遣いでチケット買って、
お気に入りの黄色のワンピースで、
行ったのが彼のライブでした。
しかも当時行ってきた友達となんと今回も同じ友達で。
もう無いと思っていたので二度目があるとは!

私は、未だによくわからない仕組みですぐに無くなってしまう、
お金というものを使って、
自分で進んで魔法にかかるのだ。
魔法はかけるのはとっても難しい。
(あいつとあの女が別れますようにと呪いをかけても、
全然効かないような感じ?)
魔法はかかりに行くもののようだ。
沢山の物事を手に入れるのに飽きてしまったら、
魔法にかかりに出かけることにします。
でも、どこにかかりに行くのかが難しいな。

小沢君のライブで、一緒に歌えるのってたーのしいな〜と再認識しました。
そんでもって歌が好きな人がずっと歌い続けられますように。
[PR]
by matsukois | 2010-06-24 22:10 | 園芸

生物祭

先日、無事ライブをやりきることが出来ました。
聴いていただいた皆さん、北村さん、PIGAの皆さん、本当にありがとうございました。
驚くことにライブをしていて初めて笑顔になることができました。
ぼやっとしている日々ですがいろいろ後退しつつも成長しているとこもあるようです。

今日、仕事帰りに雨が上がっていたので公園を散歩しました。
すっかりこの辺は桜も葉っぱになって山吹も散ってしまったけど、
公園の木や草が雨を吸って、辺りがむんむんしております。
ぐっと葉が茂り枝もピンとしてそれに咳き込みそうです。
こういう時期が重たくて仕方ない年の頃もありました。
ある意味後退そして退行した私は、ぐっと息を吸い込んでこっそりハルメンズとか歌ったりしてます。
[PR]
by matsukois | 2010-04-28 23:51 | 園芸

命トリ

夜、寝る前にパソコンの光を浴びるのは、
脳に昼間じゃないのか?と誤解させるので(太陽の発する光で、人間は朝を感知するから)体に良くないらしい。

私は光を浴びている影響うんぬんの前に、頭の思考が油取り紙みたいに、
かっさかさにパソコンに吸い取られているみたいな時がある。

パソコンは思考吸い取り機みたい。
そう思いながらこうしている私はバカだ。

どっこい「パソコンは思考吸い取り機みたい。」の、
「パソコン」をちがう言葉に置き換えると、何と!うまくはまる。

「テレビは思考吸い取り機みたい」
「恋愛は思考吸い取り機みたい」
「音楽は思考吸い取り機みたい」
「結婚は思考吸い取り機みたい」
「病気は思考吸い取り機みたい」

私は、なんかごちゃごちゃ沢山の情報やら経験やらで年取ると頭がいっぱいでどんどん疲れるんだろうなと思っていたが、人間は割といろいろ吸い取られて生きている。

全部吸い取られたい。死ぬかな。

小池ガーデンにローズマリーの小さい苗がが新参者としてやってきた。
ローズマリーにはは、悪魔除けの力があるらしい。
ぶらぶら歩いていて、いわしの頭とひいらぎの葉の飾りつけをしている家を見つけたりする。この飾りにも魔除けという意味がある。
この家の人は、目には見えないだろう悪魔を怖がっているのね〜と、ニヤニヤしてしまう。
魔除けっていい言葉。私は臆病者。

小池 聡子
[PR]
by matsukois | 2009-12-22 15:53 | 園芸

ソリッドステイトサバイバーについて

日記を書いています。
インターネットのブログ機能は、嘘も書けるので、重宝です。

植物は、温度と光と湿度を感じて育ち始めたり、枯れます。
温度と光と湿度は触る、というのが難しいので、
つまり育った植物は温度と光と湿度の固形物化したもの。

かなしい映画を観る、たのしい経験をする、
誰かが死んで産まれたりもするときの
見えない物が固形化もしくは結晶化したのが、私です。
そしてこれを読んだあなたも。

小池 聡子
[PR]
by matsukois | 2009-11-27 19:27 | 園芸

からす〜なぜなくの〜からすの勝手でしょ〜

楽曲を作る際、どういう内容を歌うか考える時に、自分自身の置かれている状況について考えます。
どこに住んでいる、とか、何年生まれか、とか。
やっぱり自分にそぐわない言葉は歌えないものです。
今のいわゆるJポップの歌詞だと、私にはちょっと甘過ぎのことがあって、
でも仕事中とかに頭の中で歌ってしまう中毒性にマーケティング後のデザイン力の凄さを感じます。
そして民謡や童話の普遍性は本当に素晴らしいです。

10月18日(日)の夜、渋谷の屋根裏にてライブをします。まだ時間等の詳細は決まっていないので、詳細が決まったらまたお知らせします。

今までで一番広い場所での演奏が血肉になるよう、ふんばります。

小池 聡子
[PR]
by matsukois | 2009-10-03 18:26 | 園芸